学習情報検索
ありすネット
e-ラーニング
あおもり学インターネット講座 元気青森人PowerUpコンテンツ あおもり子育てネット
各種業務
要覧 調査研究 所報「響」 各種刊行物 視聴覚ライブラリー
指定管理者
インフォメーションプラザありす あおもり県民カレッジ 生涯学習・ボランティア相談 社会参加活動支援センター 研修室予約状況 来所者アンケート調査結果 指定管理者ウェブページ

高校生スキルアッププログラム


あなたが学校活動の外で身につけたスキルを、青森県教育委員会が認定します。 校外活動の記録を総合型入試や就職活動時の提出書類に書くことで、あなたの「意欲」を示せます!

高校生スキルアッププログラムシンボルマーク

このプログラムについて


スキルアッププログラムって?
知識や経験の幅を広げると共に、社会の変化に柔軟に対応し、たくましく生きるための様々なスキルの向上を図ります。


「学校外学修」…ってなに?
学校外学修とは、講座や講演会、体験学習などの様々な学びの場に参加することです。
学校活動や授業の一環として実施されるものは除き、放課後や休日、長期休業中などに実施されるものです。この、「学修」は、自身の見方・考え方をさらに拡げ、キャリア形成を図るための学びの追究や地域社会と関わる体験活動等を想定しています。 
(1) 講座や講演会等 ※Web講座やオンライン講演会等も認定
大学の公開講座や市町村民対象の講座等が考えられます。生徒本人が、新聞や市町村の広報紙、インターネット等を利用して情報収集に努めることが望まれます。
(2) ボランティアやインターンシップ等の体験活動等
活動の場については、地域の様々な施設や機関の協力を得る必要があります。担当の先生等に相談してみましょう。
(3) 映像教材等の視聴(5単位以内に限る)※令和2、3年度は10単位以内に拡張して認定
インターネット、DVD、ビデオ等を利用した視聴を学校外学修として認めます。
(4) 自由課題研究(10単位以内に限る)
自由課題研究を学校外学修として認めます。


学修した証明ってなにか必要?
特に必要ありません。ただし、案内チラシや活動した際の配付物は、学修した後のレポート作成の参考資料として保管し、申請する時の添付書類としてください。
 


学修した後はどうするの?
学校外学修1回につき所定の様式1枚のレポートを作成します。用紙は担当の先生からもらってください。ホームページからもダウンロードできます。書き方はマニュアルを参考にしてください。作成したレポートは、奨励証・認定証申請時(20単位・35単位以上修得)まで、大切に保管しましょう。
 


「単位」って?とるのは大変?
ここでいう「単位」とは1時間=1単位です。ただし1つの学修テーマにつき3単位を上限とします。
 例:1つの学修テーマで6時間学ぶと、レポートを何枚書いても3単位ですが、2つの学修テーマで3時間ずつ、計6時間学ぶと、2回分のレポートで6単位が取得できます。
  


これに参加したらいいことある?
20単位以上で奨励証・35単位以上で認定証が交付されます。(県教育委員会に申請が必要です。)令和2年度は79名に奨励証、40名に認定証が交付されました。獲得・向上したスキルは、進学・就職時の面接や小論文・作文等で威力を発揮できるものと期待されます。
  


参加してみようと思ったら?
学年や開始時期を問わず、いつでも参加できます。学校担当の先生から参加申請書をもらい学校に提出してください。学校からセンターへ申請することになります。



PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReaderが必要です。
最新版はこちらからダウンロードできます。

ありすネット検索携帯用サイトへ あおもり県民カレッジ あおもり子育てネット 我が社は学校教育サポーター 学び直しを通じたキャリア形成支援ポータルサイト-リ・ラーンあおもり 青森県庁ホームページ 青森県総合社会教育センター(県庁内ページ) 青森県教育委員会 キャリサポ連合 北海道・北東北の縄文遺跡群